催眠App~あの娘がくぱぁ待機中~の無料画像

> > 催眠App~あの娘がくぱぁ待機中~の無料画像





催眠App~あの娘がくぱぁ待機中~の無料画像とネタバレです。

《第一話:憧れの幼馴染に種付けセックス!》

《第二話:アヘった幼馴染とハ○ながら混浴!》

《第三話:隣の若妻をキッチンで生ハ○!》

をネタバレしてみました。

特殊なアイテムを使って女の子を操るシチュが好きな方におすすめです。

特殊なアイテムを使って女の子を操るシチュ好きな方におすすめ


催眠App~あの娘がくぱぁ待機中~は、

今まで女の子と交わる事なくエッチな妄想をしていた主人公が

ある日ネットサーフィンで「催眠アプリ」という不思議なアプリを発見し、

そのアプリを使って、

いろいろな女の子とヤリまくっちゃうという

エロ漫画です。

催眠App~あの娘がくぱぁ待機中~』は、

  1. ・特殊なアイテムを使って女の子を操作するシチュが好きな方
  2. ・非日常系が好きな方
  3. ・むちむちしたグラマーな女の子が好きな方

におすすめです。


催眠App~あの娘がくぱぁ待機中~のあらすじ

催眠App~あの娘がくぱぁ待機中~は、

特殊なアプリを使って色んな女の子とヤリまくってしまう

といったエロ漫画です。

ネットサーフィンで見つけたアプリを見つけるも半信半疑な主人公は

以前より憧れていた隣の幼馴染の女子高生寺田ちとせちゃんにアプリを試してみる

「やあちとせちゃん!
今学校の帰り?」

「あ、こんにちはお兄さん
そうですよ。今帰りました」

「あ、あのさ変なこと聞くけどさ・・・
俺逹って恋人だったよね?」

その後、少し戸惑い独り言をぶつぶつ呟く主人公であったが・・・

「ふふ。もう急に変なこと言い出すんだから」

「私たちはずっと前から恋人じゃないですかーもう」

(・・・え!?
今なんて・・・え!?
俺逹が恋人?)

(あのアプリは本物ッ!
うおおおおお!
まじで!俺が彼氏ッ!?)

興奮した主人公はちとせの胸に手を伸ばす!

催眠App
~あの娘がくぱぁ待機中~
の続きを読む


催眠App~あの娘がくぱぁ待機中~の登場人物

  1. ・主人公
    生まれてから一度も女性と付き合ったことはない上に告白された経験もない
    一度女性に触れてみたいと思うも、妄想をするだけで行動をしたこともない。
    しかし、不思議なアプリをネットで見つけてから彼の境遇は一変するのであった。
  2. ・寺田ちとせ
    主人公の隣に住む幼馴染の女子高生。
    ルックスが良い上に巨乳。主人公の憧れの対象。
    主人公に対してどう思っているのか不明だが、不思議なアプリの前に
    主人公の虜になるのであった。
  3. ・寺田京子
    ちとせの母。ちとせ同様にグラマーでむちむちしたエロい美人妻。
    寺田家にお邪魔した主人公の不思議なアプリの力で虜となり、
    ちとせがいるにもかかわらずキッチンで情事を行ってしまうことに・・・

  4. ・ドライバー
    白猫急便に勤める、主人公が住む街の担当者。
    主人公曰く、毎日の配達で程よく引き締まって魅力的なお尻。
    特殊なアプリの前に、えっちな悪戯をする主人公を認識できず
    欲情するも戸惑ってしまう。

とうとう憧れのちとせちゃんとセックス!?


《第一話:憧れの幼馴染に種付けセックス!》

ちとせちゃんの大きい胸を主人公は揉み始めます。

主人公はそのむっちりとした感触に感動。

「お お兄さん・・・ッ。 んっ。いきなり何を・・・ッ。」

「今日は二人の記念日だからなんでもするって言ってたよね!」

気づけば主人公は口からでかませを言っていたものの・・・

「ふあぁぁ・・・ い、言いました・・・?」

と認めてしまうちとせ。これも催眠アプリの効果なのか。

調子に乗ってキスする主人公

「え!ここ廊下・・・・・ んちゅっ」

「んふぅ・・・いきなりっ キスするんだからぁ・・・ちゅっ」

濃厚なキスを続け、唾液を交換しあう二人。

んふぅッ・・・お兄さんッ?」

「んふぅつ・・・コレ以上は誰かにみられますッ・・・?」

「わかった。ちとせちゃんのお部屋に行ってもいい?」


ちとせの部屋に移動して・・・?

ちとせちゃんの部屋に移動し・・・

さっそく服を脱がして馬乗りになりちんこをあてがう主人公

「ちとせちゃん入れるからね?」

「あぁ・・・はい入れてください・・・・ 私の処女・・・もらって下さい・・・」

夢にまでみたちとせとのセックス。

ちとせもセックスの快楽を覚えるのでした。

催眠App
~あの娘がくぱぁ待機中~
第一話の続きを読む


ちとせちゃんと混浴!?

《第二話: アヘった幼馴染とハ??ながら混浴!》

アヘった幼馴染とハ??ながら混浴!

1話の続き。ちとせと生ハメセックスを楽しむシーンから。

ああ出るッ!中にだすからね!?」

「ま、待って・・・
な、中はだめぇ・・・あっ、んふっ・・・
子供が・・・できちゃうッ・・・」

「ごめんもう無理出るッ!
ああ出すぞ!」

「女子高生に中出しするぞおお!!」

中出しされてアヘ顔になりよがるちとせ。

二人とも汗でべとべとになってしまったのでお風呂に移動。

人生初混浴で興奮がとまらない主人公。

お互いに恥ずかしい様子。

「ちとせちゃん・・・
乳首勃ってる・・・」

「きゃっ・・・み、見ないで
恥ずかしいから・・・」

「お、お兄ちゃんだって・・・
おち??んちん勃ってるじゃないですかッ」

ちとせちゃんも発情している様子。

そこでちとせちゃんに自分でほしいとお願いをし、
ゆっくりと入れていくちとせちゃん。

結局その後もお風呂で中出しセックスを続ける。


美人妻京子さん登場!

場面は変わり、ちとせちゃんの家のキッチンに。(数日後?)

京子さんが登場。

「こんばんは京子さん。俺もお手伝いしますよ」

京子さんは一旦断るも、お手伝いをすることに。

ここでも主人公は京子さんに欲情し、催眠アプリを使う。

「お尻凝ってますね、マッサージしますよ!!」

アプリを使い、京子さんのお尻を揉む主人公。

そこにちとせが登場。

「今ママのお手伝いをしてもらってるの?」

とごまかす京子さん。

しかしながらそう言っている見えないところで京子さんのおっぱいを揉む主人公。

ど、どうします?下半身も気持ちよくしましょうか?」

頭を縦に振りパンツを自分から降ろす京子さん。

(では夢にまで見た京子さんのおま??こ!
・・・・・頂きます!」

催眠App
~あの娘がくぱぁ待機中~
第二話の続きを読む


京子さんに中出し!

《第三話:隣の若妻をキッチンで生ハ??!》

ちとせから見えないようキッチンで京子さんをバックから挿入する主人公。

(こ、これが京子さんの中ッ!
凄いッ!)

「あれ?お母さん何か変な音しない?
パンパンって音」

「えっ?・・・い、今
足を叩いてもらってるからかなぁ・・・?」

「あ、なんだ。その音か。
ごめんね。」

うまくごまかす京子さんだったが、気持ちが良いのか、
膣内を締め付けてくる。どうやら京子さんはイっている様子。

主人公も我慢できずに中出し。話しかけるも、
気持ちよすぎて喋れない京子さん。

「今日の夜にまた会いに行きますから
部屋の鍵開けといて下さいね?」


京子さんとムフフ・・・?な夜

<場面は変わり、その日の夜・・・・

「んふぅぅ??」

「こらこらそんな大きな声だしたら皆起きますよ?」

「ご、ごめんなさい? あんまりに気持ち良くて・・・はぁ?」

寝室でリビングと同様にセックスをする京子さんと主人公。

「んぁぁぁあぁぁ!!」

昇天する京子さんに中出しする主人公。

「はぁはぁ これからも溜まったら出していいからね? ・・・・パパ?」


美人ドライバーさん登場!

再び場面は変わり

主人公の地区担当のドライバーさん登場。

主人公曰く毎日の配達で程よく引き締まって魅力的なお尻。

そんなドライバーさんにムラムラした主人公はここでも催眠アプリを使う。

お尻に顔を埋めるドライバーに全く気付かないドライバーさん。

(フフフ・・・思った通りだ この力は相手の意識に語りかけ 俺を認識できなくさせる・・・!)

(何この感覚!?お尻がくすぐったい様な・・・)

(お尻の辺が暖かくて・・・はぁはぁ 誰かにお尻を舐められているような・・・ 気持ちいい・・・ってあたし何考えてるんだろ・・・)

主人公に気付かないものの、息を荒ぎ感じるドライバーさん。

股間がびしょびしょになるほど感じているものの、 荷物を届けようとする。

「こんにちは!白猫九便です! 配達に参りました!」

しかしながら、訪問先の玄関口でもいたずらする主人公

「はぅくッ?」

「ど、どうしたの?」

「い、いえ!何でもありません」

感じてしまうドライバーさん。違和感を感じつつもそれが何か分からないので さらに戸惑っている様子

(なんてスケベな声を出すんだ! 人前でマ??コ触られて感じちゃうなんてエロすぎだろ! これだけ弄ればそろそろいい感じだろう それじゃ人前で後ろから・・・頂きます!)

いよいよプレイが始まりそうです!

催眠App
~あの娘がくぱぁ待機中~
第三話の続きを読む


管理人の催眠App~あの娘がくぱぁ待機中~の感想と評価

催眠App~あの娘がくぱぁ待機中~は、

今まで女の子と交わる事なくエッチな妄想をしていた主人公が

ある日ネットサーフィンで「催眠アプリ」という不思議なアプリを発見し、

そのアプリを使って、

いろいろな音んあの子とヤリまくっちゃうという

のエロ漫画です。

催眠App~あの娘がくぱぁ待機中~』は、

登場する女の子キャラクターにグラマーが多く、

むちむちした描かれ方がされているので、

そういった系統の絵が好きな方におすすめです。

また、憧れの隣の幼馴染や美人妻など、

あらゆる憧れの女性を特殊なアプリを使って虜にしていくので、

そういったアイテム物が好きな方、非日常系が好きな方にもみていただきたい作品です。

  1. ・特殊なアイテムを使って女の子を操作するシチュが好きな方
  2. ・非日常系が好きな方
  3. ・むちむちしたグラマーな女の子が好きな方

におすすめです。

催眠App
~あの娘がくぱぁ待機中~
の続きを読む